北朝鮮 特別声明は「宣戦布告」にあらず

北朝鮮当局が出した特別声明の中では「全面戦争や核戦争に拡大する可能性のあるような挑発がなされた場合、北朝鮮は戦時法にのっとって行動するだろう」と述べられているに過ぎない。

 声明は「そうした挑発がなされた瞬間から、南北関係は戦時状態に入る」と指摘されている。また声明の中では「敵対的な挑発がなされた場合、ハワイやグアム、韓国の米軍基地、さらには韓国軍基地、ソウルの韓国大統領官邸に攻撃が加えられるだろう」と確認されている。

 先に朝鮮中央通信は、朝鮮民主主義人民共和国は、韓国に対する戦争状態に入り、国内に戒厳令を導入したと伝えた。

 一方韓国の複数のマスメディアは、「金正恩率いる北が直ちに攻撃を始める事はない、軍人達は、金正恩の最終的決定を待っている」と指摘している。

 

(「ロシアの声」より転載)