サイード君が治療で来日

 まだ幼いサイード・ヴァリエフ君はよく笑う。1時間に何回も笑い、日に40~50回笑うこともある。この笑いを偶然見た周囲の人は、何がそんなにおかしいのかと不思議に思う。実際にはおかしいどころか困っている。これは病気の発作で、病名は視床下部過誤腫(ししょうかぶかごしゅ)だ。体の多くの機能をコントロールする脳の一部にある、先天性腫瘍のことだ。サイード君のような子供はロシアに約20人いる。

 サイード君を助けられるのは、この病気の治療実績を積んでいる日本の外科医たちだ。治療費は82万5000ルーブル(約260万円)かかるが、ヴァリエフ家にとって高額過ぎるため、ロシアで募金が行われて必要額が集められた。ようやく念願の日本に行けることになった。来日するのは6月初め。サイード君の家族は支援してくれたすべての人に感謝している。今後の経緯についても、順次伝えられる予定。

 

記事全文(露語)