モスクワ証取がIPOのレンジ発表

1株1.8~2.1ドルで5億ドル以上の売却を希望

モスクワ証券取引所は2月4日、新規株式公開(IPO)を2月15日に行い、1株1.8ドルから2.1ドルの価格帯にすることを正式に発表した。専門家は事前に、同取引所の資本化を、42億ドルから65億ドルの範囲と評価していた。24日から214日夜7時(モスクワ時間)までブックビルディングが行われ、215日に上場が開始されることが伝えられている。

株式は同取引所の100%子会社である、Micex (Cyprus)とMMVB-Financeを通じて売られる。IPOによって5億ドルの調達が見込まれ、このうち既存の株主の売出株3億ドルがMicex (Cyprus)経由、公募株2億ドルがMMVB-Finance経由となる。同取引所は需要に応じて、1億7000万ドルほど取引を拡大する可能性がある。

記事全文(ロシア語)