モスクワ メトロに 無賃乗車客のブラックリスト出現

モスクワ地下鉄の無賃乗車客をビデオカメラで識別し、特別目録に記載するという措置が取られる。首都地下鉄の経営陣によれば、ルール違反者の特定と処罰のための措置である。

首都地下鉄の経営トップ、イワン・ベセジン氏によれば、この措置は、高性能ビデオ監視システムの導入を待ち、来年から実施される。無賃乗車客は特定され、リストに登録される。そして次の乗車の際には、自動改札を入る間もなく、前回の無賃乗車の証明書として、写真つきの身元確認書類を提出することになる。

昨年、モスクワ地下鉄では、およそ200万人の無賃乗車客が逮捕された。5万枚の不正カードが押収されている。

 

(「ロシアの声」より転載)