ランクル プラド ウラジオストクで生産

「ソラーズ・ブッサン」は本日、ウラジオストクにてトヨタランドクルーザー・プラドの組み立て部品の試験生産を開始する。ロシア通信に対して有限責任会社「ソラーズ極東」のバルバラ・ナシィル報道担当が明らかにした。

それによれば、開始式典にはイーゴリ・シュワロフ第一副首相とウラジーミル・ミクルシェフスキー沿海地方知事が出席するという。

また報道担当が付け加えたところでは、「トヨタランドクルーザー・プラドの生産は将来的に月間約1000台となるが、工場の生産能力は年間25000台となる。」という。

有限責任会社ソラーズ・ブッサン」はウラジオストクに登記されており、三井がこの事業におけるトヨタの利益を代表している。

(「ロシアの声」紙抄訳)