世界遺産・フェラポントフ修道院

 ヴォログダ州のユネスコ世界遺産・フェラポントフ修道院(モスクワの北約600km)は、保存状態の良好な建築群、ディオニシウスのフレスコ画で名高いが、まもなくデジタル形式で公開される。

字幕を”オン”するために を押してください

 「ペリ慈善財団」は、15~16世紀に活躍したディオニシウスのフレスコ画をデジタル化している。研究者らは、このフレスコ画をミケランジェロの傑作と比較してきたほどだが、プロジェクトのウェブサイトにおいて高解像度で見られるようになる。

もっと読む:ロシアの珍しい教会6選>>