ロシア最後の皇帝の愛車たち

質・量ともに空前のコレクション

 100年前、最後のロシア皇帝は、欧州の君主の中で最も多くの車両を所有していた。ニコライ2世のお気に入りはフランス製のドロネー・ベルヴィルであり、国産車「ヤコヴレフ・フレゼ」であり、リッチなド・ディオン=ブートンであり、初期ベンツの一台であり、皇太子アレクセイに贈られたプジョーであり、見事なロレーヌ・ディートリッヒであり、風変わりな三輪車フェノモビールであり・・・。かつてこの国に、これほど華やかな、希少な、そして高価な自動車コレクションはなかった。

もっと読む:ロシア革命直前の王宮の珍しい写真>>>