モスクワのキエフ駅の時計

 鉄道を使って旅したことのある人なら、あのパニックの感覚を知っているだろう。 乗り遅れてはいけない、パスポートを忘れてはいけない、タクシーに荷物を置き忘れてはいけない、などいう不安だ。常に慌ただしいこのような雰囲気では、駅のどこにいても時計が視界に入るということに驚きはない。

字幕を”オン”するために を押してください

 モスクワのキエフ鉄道駅には、重量が120キロもあり、多数の歯車や部品が用いられたユニークな古時計がある。それは1917年以来運用されてきたものだ。

 時計の修理技術者のマクスト・サーフィンさんは、この時計を担当して3年になる。彼はもともと鉄道技師だったが、前任者が退職した際にこの仕事を引き継いだ。だが、この機械には明確な取扱説明書なるものが存在しない。それは大して問題にはならないと言うが、彼は謙虚さを装っているだけだろう。

もっと読む:ロシア列車旅サバイバル・ガイド>>