ニジニ・ノヴゴロドの児童鉄道

若きピオネールの魂が残る場所

字幕を”オン”するために を押してください

 ニジニ・ノヴゴロドにあるソ連青少年育成プロジェクトの狭軌鉄道は、次世代の鉄道エンジニアを育てるために、いまだに活用されている。

 ニジニ・ノヴゴロドの児童鉄道は、大都市の喧騒の中にひそむおとぎの王国のよう。児童は3.2キロの鉄道の上で列車を動かす。

 夢の世界だけど、目的はとても現実的だ。スターリン時代、若きピオネールが職業を実体験できるようにと建設された。1939年に建設されたこの児童鉄道は、ロシアで最も古い鉄道の一つである。夏の間、児童の日中キャンプとして運行される。児童は狭軌鉄道での列車の運転を実際に学ぶ。

もっと読む:ロシア列車旅サバイバル・ガイド>>>