ロシアン・オーブン:シャルロットカ林檎ケーキ

 リンゴケーキ「シャルロットカ」とは、ロシア帝国の宮廷でふるまわれていた極上の「シャーロット・ルース」のソ連版。激動の歴史を秘めた簡単なごちそうだ。

 リンゴケーキは、晩餐のさみしいテーブルも救ってくれる。万人受けするし、ロシア人も大好きだ。だが最高の焼き方について、世界の意見はわかれる。

 フランスの有名シェフ、マリー・アントワーヌ・カレームによって考案され、皇帝アレクサンドル1世の宮廷でふるまわれていたシャーロット・ルースを、ロシア人は簡単で気取らないケーキにアレンジした。

 ソ連時代に人気の高まったシャルロットカの現代版は、ホイップとババロアが使われた19世紀初めの洗練された冷たいデザートとはかなり異なっている。

 シャルロットカは簡単なリンゴのスポンジケーキ。材料費がそれほどかからず、今日でも人気は高い。調理時間も1時間弱だから、気軽にとりかかることができる。

 

 では、つくってみよう!

卵を泡立て、砂糖を加えて混ぜる。

ここに小麦粉とベーキングパウダーを加えて混ぜる。

リンゴの皮を向き、芯を取って、薄切りにし、スパイスをふりかけて混ぜる。

焼き型の底にリンゴを敷き詰める。

上から生地を流しかける。

180℃のオーブンで30~40分焼く。

 

どうぞ召し上がれ!

もっと見る:ケーキのツァーリ「メドヴィク」>>>