盲人に希望をもたらすアヴォーシカ

 紐付きバッグの「アヴォーシカ」は、バスケットボールのネットに似た、最も真正なソ連アクセサリーともいうべき製品のひとつだ。その名前の由来は古ロシア語の avos' で、その意味は「もし〜だったら?」と訳すことができる。もしある人が、何百人もの障がい者の役に立ち、彼らに仕事と希望を与えようと決心したら?

字幕を”オン”するために を押してください

  「歴史的にソ連時代には、このような紐の袋を編むことが盲目の人々にとって稼ぎの機会となっていました。80年代に生産が中止され、障がい者は失業者になりました」とエフゲニーさんは言う。彼はこの仕事を復活させることにした。その際、全国ロシア盲人協会が、このバッグの作り方を知っている専門家と連絡を取るための仲介役となった。現在、エフゲニーさんのプロジェクト「希望をもたらすアヴォーシカ」は最高で150人の盲人に平均的な雇用機会を提供している。 

「世界中の60カ国で法人向けビジネスランチを企画運営しているコンパスグループ社からの助け船のおかげで、収益に関する問題は突如解決されました。同社は私たちを招待してくれましたが、それは私たちにとって奇跡のようでした!これで、より多くの盲目の人々に職を提供できることを期待しています。」

もっと読む:車輪の上の舞姫>>