美味しいテレビ:スヴェコルニク 〜 ボルシチの冷たいバージョン

 スラブ料理で2番目に人気のビートスープはスヴェコルニクだ。これは、茹でたビートと新鮮な野菜を使った夏向けの冷たいスープである。何でも好きなものを加えることができるし、そうでなくても、例えばビートルートのブイヨンをクワスに換えてもいい。

そこで、良く聞いて繰り返してほしい:

1) ビートの皮をむいておろし金でおろす。先端部分は後で使うので残しておく。

2) ビートをひまわり油の入ったフライパンでソテーする。ビートの色が変色しないようにレモンを搾る。レモンの代わりにお酢や他の酸性の材料を使ってもかまわない。

3) ジャガイモを切る。パンに水とジャガイモを加える。火が通るまで待ち、冷蔵庫に入れておく。

4) その間に卵を4個ゆでる。最後にキュウリ、ダイコンと卵をみじん切りにする。

5) 冷蔵庫からビートのスープを取り出して、細かく切ったキュウリ、ダイコンと卵の上にかける。塩とサワークリームを加え、ネギを上にかけるのを忘れないようにしよう。

 別の有名なロシアの冷たいスープであるオクローシカの場合もレシピは同じだ:卵、キュウリ、ダイコンに冷たいクワスかケフィールをかけるというものだ。2年前の初期のビデオブログ投稿でご紹介したものだ。

もっと読む: