ゴキブリの主

虫は理想的なペットだと爬虫両生類学者のアンドレイ・イェルマコフさんは言う。

字幕を”オン”するために を押してください

 虫は理想的なペットだと爬虫両生類学者のアンドレイ・イェルマコフさんは言う。

 アンドレイさんは10年以上も無脊椎動物を飼育してきた。彼のコレクションには、40種のクモ、20種のゴキブリ、数種のヒメヤスデ目のほか、カエル、トカゲや鳥さえもが含まれ、飼育されている生物の数は何千にもおよぶ。アンドレイさんは自分のペットについて熱く語り、周囲の人々にこれらの生き物に対する愛情を教え込む取り組みを行っている。数年前、アンドレイさんは地元の学校の生徒のために授業を組織した。

 「私たちは、子どもたちに動物や原生地の自然について教える試みをしています。私たちは定期的に授業を行ったり、田舎に出かけたり、動物園との提携を試みています。自然に対する幅広い理解と動物に対する愛着を子どもたちが持つことができるように、あらゆる事を行っています」

 自由時間にクモや子どもたちと交流している時以外のアンドレイさんは、獣医クリニックで獣医として働いており、そこで外来種の動物や鳥を世話している。しかし、すでに長年の経験があったにもかかわらず、一部の種とのコミュニケーションにはまだ慣れていなかったと彼は自認する。

 「秘密を教えてあげましょう。私の場合も、クモは手で取って扱わないようにしています。中には非常に有毒なクモもいますから」