美味しいテレビ:ロシアの海軍風マカロニ

マカロニ・ポ・フロツキ(文字通り「海軍風マカロニ」)は人気のロシア/ソ連料理で、最も単純なものの一つだ。

字幕を”オン”するために を押してください

 伝統ソビエト料理に数えることのできる唯一のマカロニ料理は「マカロニ・ポ・フロツキ」だ。

 茹でたマカロニに炒めた挽肉とタマネギを混ぜたものである。ソースもなければ(ケチャップなど好みで付け加えることはできる)塩胡椒以外の特別な香辛料も使わない。世故に長けた船乗りたちのための、歯ごたえのあるマカロニだ。

 マカロニ、挽肉とタマネギというとても入手しやすい材料で作るこの料理は、時間がなかったり手元に豊富な材料がない時の「非常用の食事」としてもってこいだ。

 この料理は18世紀のロシアで人気になった。イタリア人のコックから伝わったレシピは、簡単、速い、安い、長持ちする材料だけで作れる、といった海軍のニーズを満たすように改良された。肉はシチューにした缶詰肉のトゥシェンカを代用することも可能だ。第二次世界大戦後の貧困時代に、この料理はソ連の人々の間で人気になった。

 

挽肉 - 300 g

マカロニ - 300 g

タマネギ - 1個

塩胡椒

4ステップでできる完璧な海軍風ディナー:

1) タマネギを切る

2) 肉を挽肉にする

3) 熱湯に入れてマカロニを茹でる

4) 肉と一緒にタマネギを炒め、最後にマカロニを加える。これでできあがり!質素だがコクのある味で、挽肉とマカロニを使うのにもってこいの料理だ。そのうえボロネーズよりも作るのが簡単だ。