ロシアのマイナースポーツ「野球」

ロシア国内でもっとも珍しい競技の一つである野球の試合を観戦するため、ロシアNOWはモスクワの松前重義スタジアムに向かった。

字幕を”オン”するために を押してください

 松前重義スタジアムは1989年、モスクワ大学の敷地内に建設された。モスクワおよびロシアで数少ないスタジアムの一つ。

 日本の東海大学の松前重義総長は、両校の友好20周年を記念してスタジアムを寄贈した。スタジアムでは以降、定期的に大会が行われている。今日、ロシアの若いスポーツ選手にとって、このような場所で試合ができることは大きな栄誉となっている。

 スポンサー支援などはないが、野球チーム「ユノスチ」の選手はユニフォームや道具を自分で購入し、海外の野球チームに認めてもらうためにできる限りの努力をしている。

 ミハイル・ブブノフさん。「2年生の時にうちの学校にアレクサンドル・エロフェエフ監督が来て、野球の話をしてくれた。ロシアで野球はまったく進歩していなかったから、すごく興味がわいて、試しにやってみることにした。モルドバで2005年に開催されたヨーロッパ野球選手権大会に初めて出場して、金メダルを手にした。今年はユースとしてプレーしていて、ロシア選手権大会で3位になった。スポンサー支援があればいいけど、野球はほとんど配当金をもたらさないから、興味を持つ人はあまりいない。ロシアの野球選手の誰もが、アメリカのチームでプレーすることを夢見てる」

 アレクサンドル・ワシャキゼさん。「ソ連時代の1989年に野球を始めた。友だちが野球をやってて、見に来いと誘われたのがきっかけ。すごく気に入って、もう25年も続けてる。アメリカでは大事な大会前に必ず招集がある。例えば、うちのチームはヨーロッパ選手権大会に2年おきに出場しているけど、選手権に出場した選手10人ほどがアメリカのチームに移籍しないかと誘われた」