どれほど小さな細流でもれっきとした魚が釣れるとは本当か?

ロシア人は釣りが大好きだ。どんなに小さな細流でもそれなりの魚を釣れると考えている。オカ川に出かけ、それが本当かどうかを検証してみた。

字幕を”オン”するために を押してください

 ロシアには、絵に描いたような水域が、低地や上流の細流から流れの激しいシベリアの河川、あるいは穏やかなアシの生息する池から大きく底の深い池や貯水池に至るまで、全国各地に散在している。したがって、釣りに適した場所も無数にある。各所には独特で見事な自然がある。カレリアの河川、広大なヴォルガ川とその多くの支流は、シベリアのタイガの湖や川とともに豊富な種類の魚が生息する有数の景観を誇る場所である。

 バイカル湖への釣り旅行はきわめて人気だ。あいにくロシアNOWはそれほど遠くまで足を運ぶことができないので、かわりにモスクワから150キロの距離にあるオカ川に出かけることにした。食べるに値する魚を釣ることができたかどうかは、ビデオをご覧いただきたい。ロシアでの最良の猟場や釣り場について、詳しくご紹介する。

もっと読む: ロシアの極上釣りスポット >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg