高貴な巣:アルハンゲリスコエ、モスクワのベルサイユ

19世紀には、このユニークな場所はモスクワのベルサイユと呼ばれていた。しかし、ベルサイユがある種の人工的な感覚であふれているのに対し、アルハンゲリスコエの巨大なパルテールや大きく広がる空間は、すべて完全に自然のものだ。

字幕を”オン”するために を押してください

 アルハンゲリスコエの全盛期はフェリックス・ユスポフ公爵が所有者だった19世紀初頭だった。彼がこの場所を必要としていたのは利益のためでも住居のためでもなく、絵画、彫刻、装飾や応用美術といった彼のユニークな美術品コレクションを披露する場としてだった。ユスポフのコレクションのおかげで、エルミタージュとプーシキン美術館の両方が豊富になった。しかし、1930年代に絵画や彫刻の数々の名作がこれらの美術館に移動された後でも、アルハンゲリスコエは依然として多くの作品を擁していた。多数の地所をロシアの富裕層は所有しており、中でもユスポフ家はロシアで最も裕福で、その富は皇帝家のものをも凌駕していた。