「高速鉄道」社のアレクサンドル・ミシャリンに聞く

ロシアで高速鉄道の建設を請け負っているのは

字幕を”オン”するために を押してください

 公開株式会社「高速鉄道」は、公開株式会社「ロシア鉄道」の子会社(保有株式75% + 1)。高速鉄道の設計および建築を含む、鉄道分野の革新プロジェクトに取り組んでいる。今日の主なプロジェクトは、2018年ロシアW杯に向けて建設される、モスクワ-カザンの高速鉄道。エーイーコム、プライスウォーターハウスクーパース、フレッシュフィールズ、アーンスト・アンド・ヤングなどと提携している。

 アレクサンドル・ミシャリン氏は、「高速鉄道」社の最高責任者(2013年2月6日~)で、「ロシア鉄道」社の第1副社長(2012年12月~)。スヴェルドロフスク州知事、スヴェルドロフスク鉄道責任者、ロシア連邦連絡路省第1次官などを歴任。