美味しいロシア: ポテトパンケーキ「ドラニキ」

ちょっとだけでもベラルーシ料理に(そしてロシア料理にも)なじみのある人なら、ポテトを使わないドラニキなんて想像もつかないと感じるだろう。ドラニキ(ベラルーシ語、дранiкi)の語源は、古期ロシア語で「おろす、すり砕く」を意味する「ドラチ」に由来するが、現代ロシア語では、この言葉は「たたく、むち打つ」という意味がある。 これはおそらく、ドラニキが生のジャガイモから作られ、おろし金が発明される以前は、尖った板に「たたきつけ」なければならなかったという事実に基づいている。

字幕を”オン”するために を押してください

ドラニキを作るには、3つの簡単な手順に従うだけだ。

 

ドラニキを10枚作るのに必要な材料:

ジャガイモ5個

タマネギ半個

卵1個

小麦粉200 g

塩とコショウ

 1) まず、ジャガイモをすりおろし、タマネギを半分みじん切りにする。

 2) 卵1個を加え、これに小麦粉2さじおよび塩こしょうを足す。 これらすべてを混ぜる。

 3) パティをフライパンで焼く。

 ドラニキはサワークリームとハーブをつけて食べてもいいし、サイドディッシュとすることもできる。

 すりおろしたジャガイモの色に黒みがかからないように、タマネギやケフィアを足す人もいる。 フライパンで焼いた後にオーブンでさらにじっくり焼く人もいる。 現代的なレシピにはさまざまな材料を加えるものがあり、その例として重曹、小麦粉、カッテージチーズ、ひき肉や魚、ベーコン鶏の胸肉かレバー、ソーセージ、マヨネーズ、マッシュルーム、カボチャ、にんにく、チーズ、ゆでニンジン、パースニップ、セロリ、さらにはケシの実などもある。 しかしそれは別のポッドキャストで扱うことにしよう。