肌寒いモスクワでも満開の桜

モスクワで今年最初に咲いた桜の開花は、4月26日にビルリエヴォ樹木園で観測された。同園には、桜の花を鑑賞して春の到来を祝う人々が訪れた。

 4月26日から27日にかけて、満開の花を鑑賞しに人々が訪れた。ロシアの中央気候帯では、桜の花は春の約5日間咲き続ける。桜の開花が観測史上最も早く観測されたのはモスクワで、4月25日のことだった。最も遅い記録は5月15日である。

 春の到来を祝い、桜の花を鑑賞する伝統的な日本のお祭りであるお花見が桜園で開かれた。ピンクは自然が目を覚ました象徴である。このお祭りでは、茶道、日本画や習字の先生による指導も催された。桜園は、石庭ができたのと同じ2010年10月にこの場所に植樹された。