ソ連の包装デザインの秘密を明かす

我々と共に博物館巡りをし、ソ連の現実へバーチャルな旅をしよう。今回は包装デザインのお話。ソ連時代の目ぼしい作品がモスクワ・デザイン博物館に集められた。

字幕を”オン”するために を押してください

 ソ連時代の生活を物語る博物館や展示会を取り上げたビデオシリーズは今回が最後だ。このテーマは多くの人の共感を呼ぶ。今ロシア人は甘酸っぱいノスタルジーでソ連時代の生活を思い起こし、当時の物を博物館や個人のコレクションで保存しようとしている。

 今回展示されているのは看板、キャンディの包み紙、ビスケットの缶、タバコの箱などソ連時代の傑作の数々だ。