リンゴと蜂蜜入り焼きカボチャ

ハロウィンが過ぎたのにカボチャが残っている場合、リンゴ、ナッツ、蜂蜜とシナモンを加えて焼きカボチャを作ると良い。

 ロシアではカボチャが豊富であり、料理に頻繁に使われる。カボチャは9月頃熟し始める。日持ちが良いので、カボチャは秋と冬の間ずっと食べることができる。

 

 人気があるカボチャのレシピは、スープや香りの良いパイなどである。ロシアでカボチャをデザートに使う習慣は、数世紀前トルコから来た。

  作り方は簡単:カボチャを洗い、皮を剥き、種を取り除いて厚さ2センチ位にスライスする。オーブントレーに油を塗り、カボチャのスライスとリンゴを並べ、蜂蜜をかけ、ナッツとシナモンをまぶす。

 オーブンで20分程焼く。

 ソースには、生クリームと粉砂糖を泡立てたものを使う。(卵を一つ加えると濃厚になる。)出来たら、カボチャを盛りつけ、クリームを上にかける。