ヒンカリ:グルジア風ダンプリング

材料(4個分)

小麦粉 – 150グラム

水 – 85cc

牛肉 – 200グラム

タマネギ – 1個

キャラウェイ

クミンシード、

黒胡椒、赤唐辛子

 ヒンカリはグルジアを起源とするダンプリングである。ヒンカリの中身には様々な種類があるが、主に香辛料で味付けした肉、ハーブとタマネギが使われる。肉の代わりにキノコ、ジャガイモやチーズが使われる事もある。今回はロシアで人気上昇中のヒンカリについてお話しします。数年前は寿司ブームだったが、最近はグルジア料理の出番だ。

 ペリメニとヒンカリの主な違いは、挽肉にある。ヒンカリは調理すると皮の中にスープが出るよう、牛挽肉に水を加えてあり、中身が水っぽくなっている。ヒンカリの皮の生地には卵や牛乳が含まれない。また、ヒンカリで頻繁に使われるハーブは、ペリメニに使われる事がない。