ソ連の生活をビデオで見る

字幕を”オン”するために を押してください

 社会主義生活博物館は、それほど遠くはない、忘れられた1970年代と80年代を誰でも覗くことができるユニークな場所だ。 20人用のこの共同アパートは19世紀半ばに建てられたビルにある。本物のレンガの壁、古い配線、当時の照明スイッチ、鋳鉄のラジエーターなどを実際に手に取って見ると、ソビエト連邦と誇らしげに名付けられた、巨大な多民族国家での生活がどのようなものだったかを知ることができる。

 

ソ連時代についてもっと読む