ロシアの民族バレエ「コストロマ」

字幕を”オン”するために を押してください

 ロシアの民族バレエ「コストロマ」は、50名の舞台ダンサー、15の復元された踊り、10トンの貨物、600着のユニークな衣装、300点の小道具、8セットの大道具などから構成されている。中世ルーシの歴史と当時の人々の生活が、ダンスという芸術ジャンルを通じて描かれている。各幕ごとに、観客はルーシがキリスト教化されたロシア帝政時代やソビエト連邦時代へと引き込まれ、極北地域、南方ステップ地方、カフカース山脈やロシア中央部に生活する人々の様子が展開される。