モスクワのウォッカ博物館

字幕を”オン”するために を押してください

 モスクワの北東にあるウォッカ博物館では、シュカリク(コスシュカ)からシュトフやクオーターまで、様々なサイズのウォッカのボトルを見ることができる。チェクシュカとは何か、ロシアの伝統的なコップ(チャルカ、チェポルハ)の大きさはどのくらいか、飲み屋とカバクと1880年代にロシアに現れたトラクティールの違いは何か、階級ごとにどのようなウォッカが人気だったかなど、ウォッカにまつわる話を博物館ガイドが説明する。

 

*ヴォッカについてもっと読む