モスクワの離宮コローメンスコエで「時と時代祭」

6月21から23日にモスクワのコローメンスコエ野外博物館(歴代ツァーリの離宮)で開かれたフェスティバルは、この種のイベントとしてはロシア最大級で、首都圏で開催されたイベントとしては最大のものだった。

字幕を”オン”するために を押してください

 デンマークのヨーロッパ中世祭、テュークスベリー(英国)の戦いや、タンネンベルクの戦い(ポーランド)の合戦祭とならび、この「時と時代祭」は、中世に捧げられた“旧世界”の歴史祭トップ5に入る。

 3日間続いた祭のプログラムには、歴史絵巻を再現するパレード、様々な公演やコンサート、騎士のトーナメント、13~16世紀のロシア、ヨーロッパの歩兵による模擬戦、馬上槍試合、弓術トーナメント、槍の決闘、中世の工芸やエンターテイメントなどが含まれた。