美味しいロシア:最も有名なビーツのスープ、ボルシチ

字幕を”オン”するために を押してください

 ボルシチは、ビーツでできたスープで、伝統料理である。東欧と中央ヨーロッパ諸国で大変人気がある。例えば、ウクライナ、ロシア、ポーランド、ベラルーシ、ルーマニア、モルドヴァやリトアニアの郷土料理である。

 ウクライナとロシアのボルシチの違いに関しては、以下の点が挙げられる:

1. 通常、ロシアのボルシチにはジャガイモが含まれないが、丸ごと、もしくはスライスして、生のトマトとともに加える事が推奨される。

2. ウクライナのボルシチに書かせない材料は、サロ(豚の脂身)であるが、ロシアのボルシチには用いない。

3. ロシアのボルシチのレシピでは、キャベツの寮は半分で人参がおいが、ウクライナのボルシチでは、人参はなしか(あいまいな「根菜」としか書いていない)あるいは、丸ごと入れて、後で取り除く。

4. ロシアのボルシチには、小麦粉を加えない。

肉のブイヨン用:スープ用:

牛のバラ肉1 kg

牛と鶏の骨1 kg

人参3本

タマネギ3コ

ニンニク丸ごと2コ

ローレルの葉とオールスパイス、適量

香草、適量

ビーツ6-7コ

キャベツ1/2玉

タマネギ2コ

人参大1本

ジャガイモ6-7コ

レモン汁40 cc

トマトピューレ大さじ1杯

ニンニク4-5欠片

ヒマワリ油

塩