マヤコフスキー前衛的な詩、モスクワの地下鉄で披露される

ロシアの前衛的な詩人で芸術家のヴラディーミル・マヤコフスキーに捧げられた特別な「詩」列車がモスクワの地下鉄で走り始めた。開会式は、詩人の生誕120周年を記念した。

字幕を”オン”するために を押してください

 モスクワの地下鉄は世界で4番目に頻繁に使用される高速乗客輸送システムである。

 2013年の時点で、モスクワの地下鉄には188駅あり、線路の長さは320キロを超える。

 毎日地下で時間を過ごす乗客数百万人を楽しませるために、モスクワの地下鉄は珍しい列車を過去にも導入している。

 3月21日まで3種類の特別列車があった:芸術品の複製を展示した「水彩画列車」、本の引用を利用した「モスクワ読書列車」、 そして最初のモスクワの地下鉄の列車そっくりに作られた「ソコーリニキ・レトロ・トレイン」である。