アフガニスタンからのソ連軍の道を辿って

1988年4月のジュネーブ協定の下、ソ連は25年前の1988年5月15日にアフガニスタンからの軍の撤退を開始した。

編集者 - ウラジミル・スタヘエフ、写真提供:AP通信、音楽 - am Shalabi - "Rebetikaud"

 9ヶ月で10万人以上の将校と兵士が、戦争で荒廃した国を去った。ボリス・グロモフ大佐総長が撤退を主導した。彼はまた、アフガニスタン・ウズベキスタン橋を渡ってアフガニスタンからソ連の領土に歩いて戻った最後のソ連の将軍でもあった。

 撤退は、1989年2月15日に完了した。2012年にアフガニスタン政府はこの日をソ連軍の敗北の日という祝日に認定した。

 公式な情報によると、1万4千人以上のソ連の兵士と将校が戦争中に戦死した。 5万3千人以上の将兵と兵士が負傷した。正式には1979年から1989年までの9年間続いたこの戦争で100万人以上のアフガニスタン人が殺されたか、消息不明となった。