革命後のアヴァンギャルド磁器を復活

2017年7月12日 ロシアNOW
 サンクトペテルブルクの老舗「帝国磁器工場」が、かつて1920年代にロシアの名高いアヴァンギャルド芸術家が制作した28点のコレクションをリバイバルした。

アヴァンギャルド磁器=帝国磁器工場アヴァンギャルド磁器=帝国磁器工場

 1917年のロシア革命の後、このロシア最古の磁器工場は、「国営磁器工場」と改名され、現代的なフォルムと伝統的なそれとを組み合わせた、新しいデザインを制作し始めた。

 ボリシェヴィキは政権の座につくと、大衆のために手頃な価格の磁器を作ろうとした。それまでは、上流階級だけが、帝国磁器工場の製品のような贅沢品を買うことができた。

 磁器の新デザインはまた、共産主義の課題を表し、したがってプロパガンダの一形態でもあった。カジミール・マレーヴィチ、ワシリー・カンディンスキー、ウラジーミル・タトリン、ボリス・クストーディエフ、クジマー・ペトロフ=ボートキンなど、錚々たるアーティストが、革命にインスパイアされて、新たな磁器を作った。その多くは現在、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に展示されている。

 これらは、革命とアヴァンギャルドの「イコン」とも言うべきアイテムだ。そこから今回リバイバルされたもののなかには、チェスセット「赤と白」、マレーヴィチのティーポットとカップ、革命に参加したペテルブルクの水兵や工場労働者のフィギュア、そして「鎌と槌」、赤い星などのソビエトのシンボルを描いた皿等が含まれている。
 ロシアNOWは、これらの復活コレクションのなかから最も興味深いものをいくつか選んだ。それらはすべてサンクトペテルブルクの工場の売店やウェブサイトで購入できる(ネットで買ったほうが安く、しかもロシア全土に配送される)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 新しい磁器コレクションで、最も大きくしかも高価なものは、チェスセット「赤と白」(34万200ルーブル≒約65万円)。そのオリジナル作品は、工場で働いていた2人の姉妹によってデザインされた。ナタリア・ダニコーがフィギュアを作り、エレーナ・ダニコーが絵付けをした。赤のキング、クイーン、ナイトは、労働者、農民、赤軍兵士で、白のナイトは、鎖で縛られた奴隷だ。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 ナタリア・ダニコーが「労働者の家族」のフィギュアを作っている(1935年)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 ダニコー姉妹が作ったフィギュアをもう一つ。銃を持つ婦人警官だ。これは金で彩色されているのでやはり安くない(5万2940ルーブル≒約10万円)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 カジミール・マレーヴィチがデザインしたティーカップ&ソーサーは「バランス」と名付けられている。価格はお買い得で、1390ルーブル(約2600円)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 このフィギュアは労働者と農民で、都市と農村の結合を象徴している。この作品の名は「スムィチカ」。この言葉はかつて、連帯、団結を意味した。価格は3万7千ルーブル(約7万円)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 「国営磁器工場(旧帝国磁器工場)」の工房(1918年)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 「明星と麦束」。この皿は、才能あるアーティスト、セルゲイ・チェホニンのデザイン。値段は1190ルーブル(約2200円)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 皿をもう一つ。「赤いリボン」という名で、赤いリボン、鎌と槌、麦穂といったソ連のシンボルをあしらっている。値段はやはり1190ルーブル(約2200円)。

帝国磁器工場帝国磁器工場

「国営磁器工場」の工房。こちらは1920年代後半の撮影。

帝国磁器工場帝国磁器工場

 「旗に刺繍する女性労働者」。これも鎌と槌、麦穂をあしらっている。3万8200ルーブル(約7万2千円)。

もっと読む:ロシア・アヴァンギャルドの運命>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!