キャンプする写真家

 キャンプする写真家オレグ・グリゴリエフさんは、風光明媚な山の風景をテント内部から撮影した。

 キャンプする写真家オレグ・グリゴリエフさんは、風光明媚な山の風景をテント内部から撮影した。

オレグ・グリゴリエフ
 アウトドア派の写真家オレグ・グリゴリエフさんは、テントとカメラと少しの物を持って、東ヨーロッパと中央アジアの山岳地帯の写真を撮影する。
 旅行のベテランであるアウトドア派のグリゴリエフさんは、テントとカメラと少しの物を持って、東ヨーロッパと中央アジアの山岳地帯の写真を撮影する。
 本業は弁護士だが、2007年から人里離れた山岳地域でキャンプしている。テントからのながめを写真に撮ろうと考えたのは、タジキスタンのファン山で忘れられない旅をした後。
 グリゴリエフさんは、ファン山の最高峰チムタルガ峰(5489メートル)に到達した、最初のロシア人であった。
 10~15人のグループで旅をしながら、グリゴリエフさんはロシアのコーカサス山脈、ウクライナのカルパチア山脈、ジョージアのカズベク山でテントを張った。
 「ホテルもユースホステルもない辺境の地を旅するのが好きだから、寝るためにテントを持って山に行く」とグリゴリエフさん。
 「私にとってとても感動的な経験。写真でそれを表現しようとしている」とグリゴリエフさん。
 自分の写真が他の人の当地への旅のきっかけになればと期待する。