コンスタンチン・ユオンの絵画

 『ドームとツバメ』。至聖三者聖セルギイ大修道院の生神女就寝大聖堂、1921年。

 『ドームとツバメ』。至聖三者聖セルギイ大修道院の生神女就寝大聖堂、1921年。

コンスタンチン・ユオン
 コンスタンチン・ユオンは10月24日に生まれた。彼の傑作は地方ロシア、その独特の美しさと魅力を描写している。ロシアNOWが最高の作品10点を厳選してご紹介する。
 コンスタンチン・ユオン(1875~1958)は、ロシアのグラフィックアーティスト、舞台デザイナーであると共に画家だった。彼はさまざまな分野で活躍したが、主に得意としたのは風景画だった。印象派から学んだユオンは、19世紀後半のロシアの写実主義の伝統にも強く感化された。ボリス・クストディエフと同様に、彼はロシア古代の遺物、その装飾と鮮やかさを敬愛した。彼は好んでロシアの地方を描いた。彼が関心を持った題材は、対照的な天候条件や地方の町や村の生活、教会や修道院の建築だった。革命後、彼のスタイルには変化があったが、1世紀が経過した後の現在でも、ユオンの絵画では、ロシア農村の気風がキャンバス上に具現されている。『ウグリチのトロイカ (馬車)』、コンスタンチン・ユオン、1913年。
 『製粉場』。10月。リガチョヴォ。1913年
 『自然に面する窓』。リガチョヴォ。1928年5月。
 『ウグリチの朝』、1913年。
 『春の晴れた日』、1910年。
 ノヴゴロド行政区の村、1912年。
 『開いた窓』。リガチョヴォ、1947年。
 『集団農場の歌』。リガチョヴォ、1954年。
 『ヴォルシスキー市の波止場』、1911年。