モスクワに暮らすアフリカギツネ

Instagram
 インスタグラムに描かれる、小さなキツネのモスクワでの日常生活。

 

 北アフリカのサハラから来た、大きな耳を持つ小ギツネ。ペットになるのはめずらしい。なのに最近見つかった…モスクワのマンションで。

 

 モスクワに暮らすエキゾチックなペットの生活を伝える、画像投稿サイト「インスタグラム」のアカウントが、話題になった。

 

 このキツネの名前はクズマ。今やインスタグラムの新進気鋭のスターだ。画像の中で、飼い主の手の中でポーズをとったり、マンションの中を走り回ったり、パンを食べたり、犬のように吠えたりしている。

 

 クズマはマネをし、またおもしろいクセもある。その一部はペットとしてはかなりめずらしい。

 

 このキツネを可愛いと思うインスタグラムのユーザーもいれば、都会のマンションで野生動物を飼うは残酷だと考えるユーザーもいる。

 

 インスタグラムの画像を見る限り、クズマはこの生活を楽しんでいるようだ。

 

(画像の中心をクリックして動画を再生)

 

(画像の中心をクリックして動画を再生)

もっと読む:家族の一員になったクマさん>>>