バイカル湖の手つかずの自然はいつまでもつか

 モンゴル語でバイカル湖は「バイガル・ヌール」と呼ばれているが、その意味は「自然の湖」である。シベリア南部に位置し、イルクーツクやウランウデといった都市から簡単にアクセスできるこの淡水湖は、世界最深で、世界最大の水量を誇る。

 モンゴル語でバイカル湖は「バイガル・ヌール」と呼ばれているが、その意味は「自然の湖」である。シベリア南部に位置し、イルクーツクやウランウデといった都市から簡単にアクセスできるこの淡水湖は、世界最深で、世界最大の水量を誇る。

エカテリーナ・トゥールィシェワ撮影
観光施設や工業地区からの排水が生態系を脅かす