ドストエフスキーと歩くペテルブルク

 「…サンクトペテルブルク、地球上で最も抽象的で人工的な都市」 (『地下生活者の手記』)

 「…サンクトペテルブルク、地球上で最も抽象的で人工的な都市」 (『地下生活者の手記』)

アンドレイ・オレホフ撮影
 ロシアNOWが、フョードル・ドストエフスキーの小説や物語からサンクトペテルブルクに関する文を9つ引用し、夏のこの都市の写真と一緒にお届けする。ドストエフスキーが小説で描写するサンクトペテルブルクは陰鬱とした汚らしい都市だが、実際のところは素晴らしい場所なのだ。何世代にもわたりロシア人作家に強い印象を与えた雰囲気が依然として残っている地元の通り、中庭、建物や通路をご紹介する。