カラー写真で見る第二次世界大戦の英雄たち

Archive image / Colored by Klimbim
 ロシア人アーティストのオリガ・シルニナ (通称「Klimbim」) は、ソ連の英雄たちのアーカイブ写真に色づけしている。

Archive image / Colored by Klimbim

 第102防空戦闘連隊のパイロット。左から右に向かって、ジレオストフ中尉、アナトーリ・イヴァノフ中尉 (故人)、ニコライ・アレクサンドロフ大尉 (故人)、ドミトリー・シピグ (故人)、N・クリツィン、ウラジーミル・ゴルバチョフ。

Archive image / Colored by Klimbim

 ローザ・シャーニナ (1924〜1945)、第二次世界大戦中のソ連の狙撃兵

Archive image / Colored by Klimbim

 マリア・ドーリナ (1922〜2010) はソ連のパイロットで、第125「マリーナ・ラスコワ」ボリソフ防空急降下爆撃機連隊の飛行中隊司令官だった。彼女はペトリャコーフPe-2爆撃機に乗って72回の作戦に出撃し、45,000キロにおよぶ重量の爆弾を落とした。6回の空中戦で、マリアの乗組員は敵の戦闘機を3機も撃墜した。1945年8月18日に、ドーリナはソ連邦英雄の称号を授与された。

Archive image / Colored by Klimbim

 クリミアでのソ連の女性戦闘機操縦士、1944年

Archive image / Colored by Klimbim

 ソ連陸軍衛生部隊の女性大尉、1945年

Archive image / Colored by Klimbim

対戦車砲兵

Archive image / Colored by Klimbim

対戦車砲の部隊員

Yakov Rumkin / Colored by Klimbim

 ベルリンで交通整理を行う赤軍兵士のカテリーナ・スピヴァク、1945年

Petr Berstein / Colored by Klimbim

 同志と共に休憩を取るセミョン・ノモコノフ (1900〜1973)、1942年。セミョンは第二次世界大戦中の有名なソ連の狙撃兵で、367人にもおよぶ敵兵の狙撃に成功したとされている。

Archive image / Colored by Klimbim

 戦闘後の戦車操縦士ミハイル・スミルノフ。終戦時、彼は3つのメダルと4つの勲章を獲得していた。

Archive image / Colored by Klimbim

 ヴォルホフ戦線の交通整理兵、1943年

Archive image / Colored by Klimbim

 マリア・ドーリナ (1922〜2010) は、敵の弾薬貯蔵庫、拠点、戦車、砲兵隊の砲列、鉄道線路や水の輸送を標的とする72回の爆撃作戦に参加し、ソ連の地上軍を支援した。1945年8月18日に、ドーリナはソ連邦英雄の称号を授与された。

Archive image / Colored by Klimbim

 ソフィア・アヴェリチェワ (1914〜2015)、ソ連/ロシアの演劇女優。彼女は歩兵師団で従軍するために1942年に志願したが、1943年に負傷した。戦後、彼女は舞台に戻った。

もっと読む:上空にあらわれるナイトウィッチ>>>