喫煙は健康: ソ連時代のたばこの広告

 「喫煙はあなたの健康に有害です」。 この文に聞き覚えがないだろうか? このことを知っている人はごく少数だが、1923年から1929年のソ連で、喫煙は幅広く促進されていた。例えば、タバコを購入すると、抽選で馬や牛が当たるといった懸賞が消費者に提供された。

 「喫煙はあなたの健康に有害です」。 この文に聞き覚えがないだろうか? このことを知っている人はごく少数だが、1923年から1929年のソ連で、喫煙は幅広く促進されていた。例えば、タバコを購入すると、抽選で馬や牛が当たるといった懸賞が消費者に提供された。

アーカイブ写真
 ソ連では喫煙が幅広く促進されていた
 タバコの宣伝には、主にソ連風のプロパガンダ用ポスターが用いられた。
 多くの地域では、人々は自分でタバコを巻いた。初期のソビエト時代には、喫煙を推進し、ソ連市民がタバコをパックでまとめ買いするよう奨励する大企業が設立された。同時に、タバコ産業はより強力になり、女性向けの特別なタバコ (写真) を含む多種類のタバコ製品が登場した。
 下部のテキスト: 誰もが吸っていますよ!(Курите все!)
 タバコを提供する若い女性。明るい色彩、笑顔と大きな文字といったあらゆる要素が売り込み手法として用いられた。
 有名な構成主義的建築物のモッセルプロム・ビル (写真) は、ソ連時代にあらゆるタバコ製品を購入できる場所だった。この建物は、今でも新アルバート通りの近くの路地にある。ここにはモスクワ農産物共同管理団体の事務所があった。
 たばこのブランド「楽しみ」を吸う幸せそうな赤軍兵士。もっと見る:ソ連のポスターが描く悪習の数々>>>