プーチン、ニクソン、ガガーリン: さまざまな時代の顔たち

 現在、モスクワの博物館と展示センター「労働者とコルホーズの女性」ではユーリ・アブラモチキンによる写真を展示中だ。この展示会は2016年4月10日まで開催中だ。/ ソチで休暇をとるユーリ・ガガーリン、人類初の宇宙飛行を果たした人物。ソ連、1961年。

 現在、モスクワの博物館と展示センター「労働者とコルホーズの女性」ではユーリ・アブラモチキンによる写真を展示中だ。この展示会は2016年4月10日まで開催中だ。/ ソチで休暇をとるユーリ・ガガーリン、人類初の宇宙飛行を果たした人物。ソ連、1961年。

ユーリ・アブラモチキン
 著名なソ連・ロシアの写真家ユーリ・アブラモチキンのモスクワの展覧会から、優れた作品を厳選してお届けする。
 半世紀にわたり、ソ連とロシアで活躍したユーリ・アブラモチキンは、いわゆるクレムリン派と呼ばれる報道写真家の一員で、カメラを手に世界中を旅した。/ 1962年、ソ連の指導者ニキータ・フルシチョフが、将来のソ連のレオニード・ブレジネフ書記長が見守る中、東ドイツの指導者ヴァルター・ウルブリヒトに挨拶する。
 高層建築プロジェクトでの昼休み、1964年。
 この地方で最も有名なダンサーの一人、マフムード・エサンバエフが演じるカフカースの伝統舞踊「レズギンカ」、1971年。
 モスクワ訪問中のフィデル・カストロ、1976年。
 旅の友、1978年。
 ロシア人原子物理学者で核兵器撤廃論者で平和・人権擁護主義者のアンドレイ・サハロフ氏はソ連での市民的自由の提唱者となり、1975年にノーベル平和賞を授与された。1989年のこの写真が撮影されたサハロフ氏は、第1回ソ連人民代議員大会を去るところ。大会で彼は、共産主義政府を批判した。
 ソ連最後の指導者、ミハイル・ゴルバチョフ、1990年。
 モスクワのホワイトハウス砲撃、1993年。
 ウラジーミル・プーチンとボリス・エリツィン、2000年。
 彼はニキータ・フルシチョフ、レオニード・ブレジネフ、ミハイル・ゴルバチョフ、ボリス・エリツィン、フィデル・カストロ、リチャード・ニクソン、エリザベス女王2世、ガンディ、マーガレット・サッチャーやその他多数の肖像を撮影した。20世紀後半の著名な政治家で、彼が撮影した肖像写真のアーカイブに存在しないものは、おそらくないだろう。/ リチャード・ニクソン、1974年。