ボリショイバレエアカデミーで夢を追う

 外国では、ロシアのクラシックバレエといえばロシア名門のボリショイやマリインスキーなどの劇場が関連づけられる。それらに所属するダンサーたちは、モスクワ国立舞踊アカデミー (通称ボリショイバレエアカデミー) やヴァガノヴァアカデミーの卒業生がほとんどだ。

 外国では、ロシアのクラシックバレエといえばロシア名門のボリショイやマリインスキーなどの劇場が関連づけられる。それらに所属するダンサーたちは、モスクワ国立舞踊アカデミー (通称ボリショイバレエアカデミー) やヴァガノヴァアカデミーの卒業生がほとんどだ。

ユーリ・カチェトコフ撮影/EPA
 ボリショイ劇場は3月28日に創設240周年を迎える。ロシアNOWは、モスクワのボリショイバレエアカデミーでのリハーサルの写真をお届けする。

 これには通常の1日の学習の他、毎日のバレエの稽古、バレエ史やピアノのレッスンといった特殊科目も含まれる過酷なカリキュラムをこなすと、子供たちが子どもらしく過ごせる時間的余裕は残らない。

 ボリショイアカデミーには28人の日本人学生がいる。また、17人のアメリカ人も留学しており、その他の国の留学生が22人いる。

 特にモスクワやサンクトペテルブルクのバレエ学校では、かつては競争率が何十倍、場合によっては何百倍ということがあった。

 ボリショイバレエアカデミーに在籍する721人の学生のうち、84人は外国人である。

 ストレスでいっぱいのバレエダンサーの人生は、バレエ学校に入学することから始まる。子供たちは厳しい入学試験に合格しなければならず、その際には健康、体格、柔軟さ、協調や姿勢などが検査されるが、音楽的才能や足を曲げる能力なども審査の対象となる。

 その上、他の都市出身の子供たちは、親なしに新たな生活に適応するのを困難に感じた。

 これには通常の1日の学習の他、毎日のバレエの稽古、バレエ史やピアノのレッスンといった特殊科目も含まれる過酷なカリキュラムをこなすと、子供たちが子どもらしく過ごせる時間的余裕は残らない。

 かつて、才能に恵まれた子どもを探すために選考委員会がソ連中を巡った。そのような子どもはあらゆる地域で、最も辺鄙な村からでも必ず見つかった。

 大多数のバレリーナは30代後半になると引退し、ソリストになれるダンサーはわずか5%に満たないという事実があるにもかかわらず、保護者たちは今でもバレエ学校に自分の子どもを入学させ、ボリショイやマリインスキーの舞台を飾る輝かしいスターになってほしいと夢見ている。

 だが、一部の幸運な子供たちにとっては、醜いアヒルの子はある日いつか、ロシアバレエの象徴である見事な白鳥へと変身するのだ。もっと読む:ボリショイ劇場の10の事実>>>

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。