今にも喋りだしそうな人形づくり

Instagram
まるで生きているような人形が大人気になっている。

 

 

 レトロな写真の撮影風景を見ているようだ。女の子たちは撮影中、まばたきをし、微笑み、髪の毛をなおす。だけど本当は... 

 

 女の子たちは実在していない。これはミハイル・ザイコフさん(左)がつくった人形たち。

 

 人形の髪の毛、まなざし、笑顔はとてもリアルで、人形と人間の区別が難しくなる。

 

 人形にはヒンジが使われているため、手足を動かすことができる。服、靴、アクセサリーは、19世紀末に人気の高かったファン・ド・シエクルにインスパイアされたデザインで、人形ひとつひとつにあつらえられている。

 

 インスタグラムに掲載された写真のおかげで、人形づくりの様子を簡単に追うことができる。最初に特別な素材がワイヤーにつけられる。 

 

 瞳が装着され、唇が着色され、顎のへこみがつくられ、赤みが加えられた。

 

 イリーナ・クジョミナさんはザイコフさんとの連携作業の中で、服や髪の毛を担当している。髪の毛の後、眉毛とまつげが加えられ、人形に息吹が与えられる。

 

 見ていると、不思議な気持ちになってくる。

 

 人形の外見はそれぞれ違っている。まるで性格も異なるみたいだ。

 

 人形の制作工程の動画。(再生は写真をクリック)

もっと読む:フィギュアスケートのメドヴェージェワ選手の日本愛:ジブリ映画から羽生選手まで>>>