Realistic dolls Medvedeva_insta Waterfall1 metro_ifrah1 January 19 marks the 150th anniversary of the Russian painter Valentin Serov, who overturned all previous notions of the ceremonial portrait. Serov was born in St. Petersburg into the family of a music critic and composer, but contrary to the laws of continuity chose the life of an artist. // Self-portrait, 1880s Massandra palace Russian beauties Russian tattoos Railway1
今にも喋りだしそうな人形づくり ソチの名瀑と渓谷美

メドベージェワの日本愛:ジブリ映画から羽生選手まで

 エフゲニア・メドベージェワ(エヴゲーニア・メドヴェージェワ)(16)の躍進が止まらない。昨年12月のフィギュアスケートGPファイナル、ロシア選手権に続き、先週ブラチスラヴァで開催された欧州選手権でも優勝。シニアデビュー初年度は勝利と栄光に彩られている。そんな若き新星、実は大の日本好きであるという。ロシアNOWと一緒に、ちょっとインスタグラムやツイッターの公式アカウントを覗いてみよう。
  セラフィーマ・クリカーロワ、ロシアNOW

 

 ジェーニカ、ジェーネチカ、ジェーニャ・・・様々な愛称で親しまれるエフゲニア・メドベージェワ。ファンの軍勢は増大の一途で、インスタグラムのフォロワーは2万4000人を数える。コメント欄には日本語のメッセージも少なくない。それもそのはず、ジェーネチカは大の親日家なのだ!

 

 日本のアニメの人形、集めています。

 

 好きです、宮崎駿。 トレーニングの合間に偏愛するキャラクターを模写する。

 

 国際大会は日本人選手との交流のチャンス。永井優香(17)とのツーショット。

 

 「過去最高の一枚!」と自ら記す、羽生結弦(21)とのツーショット。

 

 樋口新葉(15)とはお菓子を贈りあう仲。 「今年始まって以来、最高のできごと」

 

 世界を飛びまわるジェーニャだが、ひとたび故郷のモスクワに帰ってくると、その姿はごく大衆的な場所でお目にかかれる。こちらは赤の広場に毎年設営される人気の青空スケート場。「どんな天気でも、どんな状況でも滑る。マイナス2度も障害にはならないし、時鐘(クレムリンのスパースカヤ塔が毎正時に奏でるチャイム)が鳴ると心も弾む」

 

 ジェーニャが今年も新たな勝利と、新しい日本の友達に恵まれますように!

 

もっと読む:羽生選手vsプルシェンコ選手>>>

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!