遠い昔のモスクワ: 画家達が描いたロシアの首都

 「シュプレマティスム」の創始者で有名な作品、『黒の正方形』を描いた画家として知られるカジミール・マレーヴィチは、母親の死後、妻子を連れてモスクワに引っ越した。だが、この引っ越しは家族に幸せをもたらさなかった。妻はまもなく子どもを連れてモスクワを去り、後に夫婦は離婚することとなった。カジミール・マレーヴィチは『黒の正方形』、『赤の正方形』、『黒の円』や『赤クバーニ・コサック軍の突撃』などの作品により、後世によりよく知られている。それにもかかわらず、彼はあまり名の知れない古典的な作品も数多く描いた。/ 『モスクワ・ミャスニツキー地区の眺め』、カジミール・マレーヴィチ、1913年

 「シュプレマティスム」の創始者で有名な作品、『黒の正方形』を描いた画家として知られるカジミール・マレーヴィチは、母親の死後、妻子を連れてモスクワに引っ越した。だが、この引っ越しは家族に幸せをもたらさなかった。妻はまもなく子どもを連れてモスクワを去り、後に夫婦は離婚することとなった。カジミール・マレーヴィチは『黒の正方形』、『赤の正方形』、『黒の円』や『赤クバーニ・コサック軍の突撃』などの作品により、後世によりよく知られている。それにもかかわらず、彼はあまり名の知れない古典的な作品も数多く描いた。/ 『モスクワ・ミャスニツキー地区の眺め』、カジミール・マレーヴィチ、1913年

カジミール・マレーヴィチ