アガニョーク誌の有名な写真に見る祝祭生活

 1970年代、いわゆる停滞の時代の到来で、祝いは徐々にソ連の写真のメイン・テーマではなくなっていく。アガニョーク誌は2009年、コメルサント出版社の一部となり、以来さらに多くの写真を通常の大判で発行している。//リュジノヴォ・ディーゼル機関車建造工場の研削加工員、第26回ソ連共産党大会の代表者ペトルヒンと息子のアレクサンドル。カルーガ州、1981年

 1970年代、いわゆる停滞の時代の到来で、祝いは徐々にソ連の写真のメイン・テーマではなくなっていく。アガニョーク誌は2009年、コメルサント出版社の一部となり、以来さらに多くの写真を通常の大判で発行している。//リュジノヴォ・ディーゼル機関車建造工場の研削加工員、第26回ソ連共産党大会の代表者ペトルヒンと息子のアレクサンドル。カルーガ州、1981年

ミハイル・サヴィン、アガニョーク誌アーカイブより