モスクワに来てはいけない10の理由

 もはや真実を隠すことなんてできない。週末や休暇を楽しむのに、モスクワは理想的な場所じゃない。本当に、訪問なんかしないほうがいい。その理由は10ある。

 もはや真実を隠すことなんてできない。週末や休暇を楽しむのに、モスクワは理想的な場所じゃない。本当に、訪問なんかしないほうがいい。その理由は10ある。

オレグ・ズコフ/Best of Russia 2013
 もはや真実を隠すことなんてできない。週末や休暇を楽しむのに、モスクワは理想的な場所じゃない。本当に、訪問なんかしないほうがいい。その理由は10ある。
 クレムリンと赤の広場はモスクワの筆頭の訪問スポット。他の国にはない特別な雰囲気をかもしだしてる。ショックを受けてしまうかもしれない。そんなリスクを負わないで!
 モスクワのナイトライフは混雑していて騒々しい。誰もが踊り、叫び、楽しんでいる。夜景をのぞむ夏のテラス付きのバーもたくさんある。モスクワは眠らない街。忠告したからね!
モスクワのあちこちにソ連の遺産がある。例えばVDNH(経済達成博覧会)。ここはいまだにソ連の記念建造物の集中拠点で、黄金の像のある噴水、75年前に建設されたパビリオン、宇宙博物館、「労働者とコルホーズの女性」像などが残っている。変なの。誰も歴史なんて好きじゃない。
 花火大会と国際軍楽フェスティバル「スパスカヤ塔」。モスクワの日(9月の第1土曜日)は、花火、コンサート、ショーでいっぱい。5月9日には豪華な戦勝記念パレードもある。これって何なの?騒がしくて、人がたくさんいて、頭痛がしてくる。いやだな。
 バーやレストランからのモスクワの景色。ロシア料理はいいとして、こんな場所で食べたら、飲み物や食べ物に集中できない。料理を見ればいいのか、景色を見ればいいのか。家で食べたほうがずっといい。
 モスクワのフラワー・フェスティバル。毎年7月、60万本の花が赤の広場近くに植えられる。これってアレルギー起こすし、赤の広場って別に植物園じゃないし。
 モスクワの建物なんて見て楽しい?
 緑がある普通の公園に行きたかったんだけど...なんかツァーリの旧邸宅だとか、18世紀の建物だとか。宮殿、庭園、果樹園、像に、また宮殿。なんか疲れる。
 モスクワ中に隠れた邸宅とか珍しい建物があるって。何このイースターエッグみたいな建物。
モスクワ地下鉄。正直、行かない方がいい。地下鉄駅を全部まわり切れるわけじゃないし。どの駅もなんか変わってない?モニュメント、カフェ、博物館、フォトブースがあちこちにある。水上の橋の上に建てられた駅まであるんだって。危ないし怖すぎるでしょ!
red square