19世紀のロシア農民の暮らしを再現

ニジニノヴゴロド(モスクワから420キロの距離に位置)には、小屋、納屋、製粉場や17世紀〜18世紀の教会の集合体の中に19世紀のロシアの農村生活が体現された、シチェロコフスキー農場民俗学博物館が所在する。これらの木造建築のユニークな歴史的建造物はザヴォルジエ地方(ヴォルガ東岸の中流・下流域とウラル山脈の間の地域)の各地からここに集められた。建物の内部は建造当時の状態に復元され、農民生活の日常品が多数展示されている。写真家のミーシャ・ブルラツキー氏は21世紀の人々の姿を昔風のスタイルで撮影したが、それはあたかも時計を巻き戻されて彼らが先祖として生まれ変わったかのようである。\ ニジニノヴゴロドから50キロ離れたゴロデーツ市から良好な状態で運ばれた。

ニジニノヴゴロド(モスクワから420キロの距離に位置)には、小屋、納屋、製粉場や17世紀〜18世紀の教会の集合体の中に19世紀のロシアの農村生活が体現された、シチェロコフスキー農場民俗学博物館が所在する。これらの木造建築のユニークな歴史的建造物はザヴォルジエ地方(ヴォルガ東岸の中流・下流域とウラル山脈の間の地域)の各地からここに集められた。建物の内部は建造当時の状態に復元され、農民生活の日常品が多数展示されている。写真家のミーシャ・ブルラツキー氏は21世紀の人々の姿を昔風のスタイルで撮影したが、それはあたかも時計を巻き戻されて彼らが先祖として生まれ変わったかのようである。\ ニジニノヴゴロドから50キロ離れたゴロデーツ市から良好な状態で運ばれた。

Misha Burlatsky
ニジニノヴゴロド(モスクワから420キロの距離に位置)には、小屋、納屋、製粉場や17世紀〜18世紀の教会の集合体の中に19世紀のロシアの農村生活が体現された、シチェロコフスキー農場民俗学博物館が所在する。これらの木造建築のユニークな歴史的建造物はザヴォルジエ地方(ヴォルガ東岸の中流・下流域とウラル山脈の間の地域)の各地からここに集められた。建物の内部は建造当時の状態に復元され、農民生活の日常品が多数展示されている。写真家のミーシャ・ブルラツキー氏は21世紀の人々の姿を昔風のスタイルで撮影したが、それはあたかも時計を巻き戻されて彼らが先祖として生まれ変わったかのようである。
川であれ、湖であれ、池であれ、一定量の水があれば、この村ではダイビングをしたり自宅や庭園で使う水を汲んだり洗濯をするのに使う木造のプラットフォームが設けられた。
巡礼者。ニジニノヴゴロドのザヴォルジエ地方のロシア正教古儀式派の修道院には、南部の地区にある正教の修道院にひけをとらないほど多数の巡礼者が訪れた。
農民の祝祭日用の服には金色の刺繍がふんだんに施されていた。L・ツィプラコワによる再現(モデルはユリア・ベケトワ)。
ニジニノヴゴロドのザヴォルジエ地方の古儀式派信者が着た女性用の礼拝用衣装。絹のサラファン(クローク)、スリーブと刺繍が施されたヘッドスカーフから成る(モデルはスヴェトラーナ・アガポワ)。
ゴルバトフスキー地区の富裕な農民の衣服。金の刺繍と真珠で飾られたリボン、ネックレス、コシニキ(リボンを編んだもの)、クリノリンにつけられた円形のサラファン、絹製のスリーブ(L・ツィプラコワによる再現)。
ヴェトルジスキー地区の農民の祝祭日の服:肌着や上着として着用されたチェック模様の円形のサラファン、クロス刺繍されたシャツ、織物ベルト。民衆の祭りのための伝統楽器:タンバリンとバラライカ。
夜になると、女の子達は「修道院の庵室」の中に座っておしゃべりをしながら、写真のような道具を使って亜麻糸を紡いだ。
干し草作りの季節は村全体で同じ日に始まった。この日には女性は鮮やかな色や裾に沿ってたくさんの刺繍が施された特別な「草刈り」シャツを着た。このシャツはサラファンなしで着ることができた。
窓台に置かれた供え物。
男性用シャツ。胸部に十字架が刺繍された綿プリント。I・ラブドにより再現。
ニジニノヴゴロド地方の南部に一般的な民族衣装。円形のサラファン、シャツ、織物ベルト。
生神女庇護聖堂、1731年。元はスタルイエ・クリュチシチ村にあった、食堂がついた木造の聖堂。