写真で見るソ連の労働:国営農場から美術工房まで

セミョーン・フリードリャンドは有名なソ連の写真家だ。彼のコレクションには、出来事や行事を記録した公式の写真だけでなく、この才能に満ちた写真家による真の芸術作品も含まれている。/ 農場で

セミョーン・フリードリャンドは有名なソ連の写真家だ。彼のコレクションには、出来事や行事を記録した公式の写真だけでなく、この才能に満ちた写真家による真の芸術作品も含まれている。/ 農場で

Semyon Fridlyand
ソ連の写真家でカラー写真撮影の名人だったセミョーン・フリードリャンドによる2万点の写真が、デンバー大学のアーカイブで見つかった。/ アトリエの画家
ロシアNOWは、働くソ連の人々をフィルムに収めたフリードリャンドの作品を集めてみた。その中には建設作業員、農場労働者や、絵を描いたりスタジオで歌を唄う人々の姿が捉えられている。/アトリエで
1950〜1958年の期間に撮影されたこの見事なソ連のカラー写真コレクションは、品質では現代のデジタル写真に匹敵するものだ。/ ミチューリンスク(ロシアの都市、モスクワから404キロ離れている)。庭園で実習中の学生
フリードリャンドの写真はソ連の生活を美化した。これらはソ連労働者や集団農場労働者の生活、豊作、若きパイオニアやソ連の芸術を物語ったものだ。その目的は、国が一丸となって労働に従事する様子を描き、ありとあらゆる労働がソ連社会に喜びと幸せをもたらすことを示すことにあった。/ ヴォルガ川沿岸の村。カラヴァエヴォ国営農場のまぐさ棚で授乳中の子牛
1931年に、セミョーン・フリードリャンドは実生活を写真で描写することの重要性を提唱したロシア・プロレタリア写真家協会のリーダーを務めていた。/ 綿を収穫中のタジキスタン(現在は中央アジアの独立国だが、以前はタジク自治ソビエト社会主義共和国だった)の国営農場(ソフホーズ)長
セミョーン・フリードリャンドは、多数のソ連出版物のための撮影を行った。「SSSRナ・ストロイケ」(建設中のソ連)という雑誌や新聞の「プラヴダ」がその例である。1930年代末に、彼はモスクワ報道写真家協会の会長になった。/ 建設現場での作業
彼の写真コレクションは、ソ連の生活を表した本物の百科事典的写真記録になっている。/ クリル列島のイトゥルップ島(千島列島の択捉島)にある国家農場でのダイコンの収穫
剥製師
ユジノサハリンスク(サハリン島の都市)。孵卵器
農場での作業
ウズベキスタンのカーペット織りの伝統が、ウズベキスタン(かつてのウズベク・ソビエト社会主義共和国)の首都タシケントにある専門学校で実演される。