2014年ベスト・オブ・ロシア:自然の美

バシキリア(バシコルトスタン共和国)の大地にいたる道。

バシキリア(バシコルトスタン共和国)の大地にいたる道。

비탈리 보로닌
平穏。「オネジ海岸地帯」国立公園、アルハンゲリスク州。
落雷。エカテリンブルクの池の上空に光る稲妻。
5月のイヴァノヴォ州の水の色。
トヴェリ州の森林火災。
人気のまったくないガムストリ村は、北カフカースのダゲスタンにある、廃墟と化した古代アヴァール人集落だ。標高1400メートルの山の岩を掘り出して作られたこの村は、今ではほとんど目に留まらない存在になっている。
3月のバイカル湖。
シベリアやウラル地方に多く生息する定住性のベニマシコ。
42年ぶりのシロクマの誕生は、ノヴォシビルスクの重要な出来事だ。命名にはこの都市全体が関わり、最終的にシルカという名前がつけられた。ノヴォシビルスク州。
日の出時のトルバチク火山、カムチャツカ。
サハ共和国(ヤクーチア)のオコジョ。
千島列島(クリル列島)のストルブチャトゥイ岬。自然によって形成された柱の集合体は、まるで円形劇場であるかのようだ。
ヴォルゴグラード州のフクロウの子。
ヤネバンダイソウ(屋根万代草)の描く模様。モスクワ州。
トルバチク火山の最近の噴火。この噴火は1年前に終わったが、溶岩はまだ目にすることができる。カムチャツカ。