ロシアの巨大工場:ユニークな原子力砕氷船

連邦国営単一企業「アトムフロート」は、原子力砕氷船や特殊船舶に技術サービスや保守を提供するために立ち上げられた。連邦国営単一企業のアトムフロートは2008年に、ロシア連邦大統領令によりロシア国営公社「ロスアトム」と合併した。

連邦国営単一企業「アトムフロート」は、原子力砕氷船や特殊船舶に技術サービスや保守を提供するために立ち上げられた。連邦国営単一企業のアトムフロートは2008年に、ロシア連邦大統領令によりロシア国営公社「ロスアトム」と合併した。

Atomflot
連邦国営単一企業「アトムフロート」は、原子力砕氷船や特殊船舶に技術サービスや保守を提供するために立ち上げられた。連邦国営単一企業のアトムフロートは2008年に、ロシア連邦大統領令によりロシア国営公社「ロスアトム」と合併した。
原子力氷船団は1959年以来、北海ルートを利用するロシアと海外の貨物船に定期的な航路を確保してきた。
現役の船舶には、原子炉を2基備えた7万5000馬力の「ラシーヤ(ロシア)」、「ソヴィエツキー・ソユーズ(ソ連)」、「ヤマール」、「戦勝50周年記念号」の4隻の砕氷船と、原子炉1基の発電装置を備えた4万馬力の「タイミール」、「バイガチ」の2隻、原子力艀船「セブモルプーチ」がある。
保守用船舶として、浮遊型技術サポートベースの「ロッタ」と「イマンドラ」の2隻があり、他にも液体放射性廃棄物を輸送する「セレブリャンカ」、線量測定制御を行う船舶「ロスタ1号」がある。3隻の原子力砕氷船「レーニン」、「シビーリ」、「アールクチカ」と、2隻の浮遊型技術サポートベース「レプセ」と「ヴォロダルスキー」は退役している。
原子力砕氷船「レーニン」(北極海で初めて就役した世界初の原子力砕氷船)は、原子力発電装置が備えられた初の非軍用船舶だった。就役から新世代の原子力砕氷船が登場するまでの期間にレーニン号が達成したあらゆる記録がユニークで、その一部が現在でも塗り替えられていないのは、そのためである。「レーニン」は1959年12月3日に就役した。
原子力砕氷船「レーニン」は、全般的な原子力船の専門職の育成において真の先駆者となった。就役後の20年間に、1,327人の専門職が砕氷船上で訓練を受けた。
原子力砕氷船「アールクチカ」(「北極行き」)。1977年8月17日、原子力砕氷船「アールクチカ」は氷中を単独で航行し北極に到達した初の船となった。 これにより世界中の無数の船乗りの夢が実現した。人類による宇宙への旅に匹敵するこのタスクは、2基の原子炉を用いて建造された最も強力、効率的でクリーンな原動力発電装置を備えた船の船員によって実現された。
原子力艀船兼コンテナ船の「セブモルプーチ」(類い希な原子力貨物船)。原子力発電設備を搭載したこの貨物船は史上初のものではないが、現在運用されている原子力貨物船としては唯一のものである。「セブモルプーチ」よりも先に登場した米国の原子力貨物兼乗客船「サバンナ」は、改装されて博物館になった。ドイツの貨物船「オットー・ハーン」は経済的に非効率的だという理由から、原子力船としての地位を失った。
原子力砕氷船「ヤマール」。この砕氷船は任意の2区画を浸水させることで浮漂し、ロシア船級協会の要件を満たしている。乗組員のための船室は155室ある。高級船員用の船室が11室、1人用の船室が123室、2人部屋が17室、そして6つのベッドが備えられた船室が4室あり、合計で収容できる人員は189名となっている。乗組員に食事、休養や娯楽を提供する空間を確保するため、この砕氷船には84人を収容できる食堂、88~90人を収容できる会食堂、108人用のクラブ、そして3つの休憩用娯楽がある。
現在ロシアは、北極海やその他の凍結した海で航路を確保するための原子力砕氷船の使用において、主導的な役割を果たしている。ロシアの北極海で運用を成功させるには、北極海航路のインフラにおいて主要な要素となっている原子力砕氷船の船舶を常に発展させ、改良していく必要がある。