自然の祭典「原初のロシア」

2月22日まで、モスクワの中央芸術家会館は、「原初のロシア」と称するロシア全土の自然の祭典を主催している。この祭典では、ロシアの動植物を専門的に扱う20の写真プロジェクトが展示されている。ロシアNOWは、この祭典で特に傑出したプロジェクトを4つ厳選してご紹介する。
2月22日まで、モスクワの中央芸術家会館は、「原初のロシア」と称するロシア全土の自然の祭典を主催している。  // アディゲ共和国。
この祭典では、ロシアの動植物を専門的に扱う20の写真プロジェクトが展示されている。ロシアNOWは、この祭典で特に傑出したプロジェクトを4つ厳選してご紹介する。 // カムチャツカの火山。
「ロシア、最も美しい国」。このプロジェクトは、ロシアの見所がクレムリン、赤の広場や、その手の他の歴史的遺跡だけに限られないことを示すための、ロシア地理協会による試みである。 // エルガキ。
ロシアには、バイカル湖、エルブルス山、サハリン島やアルタイ山脈など、目を疑うほど美しいユニークな自然の名所がいくつもある。 // 「レナ川の柱群」。
クルシュー砂州。
マンププネル高原。
マガダン州。